債務整理の種類【自己破産の特徴とは?】

消費者金融やクレジットカード会社でのキャッシングローン、銀行系のカードローン会社のカードローンなどが原因で借金をしてしまい、ついには借金を返済してゆく事が出来なくなり、「自己破産」などの債務整理をせざる負えない状態になってしまう人が急増していることが問題になっています。

 

「任意整理」、「特定調停」、「個人再生」、そして「自己破産」と主に4種類ある債務整理の方法の内、最も人気のある債務整理の方法は「自己破産」となっています。

 

消費者金融やクレジットカード会社のキャッシングローン、銀行系カードローン会社のカードローンなどで借金をして借金を返済してゆく事が出来なくなった債務者の中には、パチンコやパチスロ、そして競馬や競輪、競艇などのギャンブルが原因で借金を作ったり、夜遊びや必要不可欠では無い買い物などの浪費が原因で借金を作る人も少なからず居ます。

 

では、ギャンブルや浪費が原因の借金をして債務者となった人は「自己破産」を申し立てる事が出来るかどうかについてご説明します。

 

「自己破産」には破産法第252条1項に「ギャンブルや浪費が原因の「自己破産」は免責許可をしない」とあります。
つまりギャンブルや浪費が原因で作った借金の場合は「自己破産」が出来ないという事になりますが、では必ずしもギャンブルや浪費が原因で作った借金の場合に「自己破産」が出来ないかというと、これはそうでは無いのです。
破産法の第252条2項には「ギャンブルや浪費が原因での借金でも事情を考慮して免責許可を行う事が出来る」とあります。
これはつまり、ギャンブルや浪費が原因で作った借金の場合の「自己破産」でも、場合によっては「自己破産」の免責が許可される場合がある、という事です。
これを「裁量免責」と呼び、実際の「自己破産」の決定にはかなり「裁量免責」が適用されるケースも多いようです。