債務整理の賢い選びかた紹介

現在、日本において消費者金融やクレジットカードのキャッシングローン、そして銀行系会社のカードローンなどの複数の金融会社から借金をして多重債務の状態になった債務者が借金返済方法の1つとして、自己破産や特定調停、任意整理などの債務整理を行うケースが激増してきています。

 

これらの「自己破産」、「特定調停」、「任意整理」、「個人再生」の4種類の債務整理の方法の中で現在もっともポピュラーになっているのが「自己破産」、次いで「特定調停」となります。

 

主に4種類ある債務整理の方法の中で何故「自己破産」と「特定調停」が人気の債務整理の方法となっているのかについて今回こちらでご説明をさせていただきます。

 

現在「自己破産」に次ぐ債務整理の方法になっている「特定調停」は、「自己破産」とは違い、「特定調停」を裁判所に申し立てたからと言って全ての債務が無くなる訳ではありません。
ここが「特定調停」の最大のポイントです。

 

では何故「特定調停」が人気がある債務整理の方法なのかと言うと、「特定調停」は一度申し立てが裁判所に受理されれば、債務そのものは消滅しないものの、消費者金融やカード会社などからの督促の電話が一切来なくなるのです。

 

これは法律によって「特定調停」を行った債務者に対して電話での督促は行ってはいけない、そして手紙での督促(返済の「要望」は可能)は行ってはいけないという決まりがあるからです。
この事が「特定調停」が「自己破産」に次いで人気のある債務整理になっている理由となっています。