債務整理後のカード使用<使用することはできない?>

借金問題解決の手段として債務整理を選択した場合、それまで使っていたクレジットカードはショッピング・キャッシングに関係なく使用できなくなります。

 

ただし、債務整理のうち任意整理を選択した場合でそのクレジットカードを任意整理から外す場合は更新日までは使える場合もあります。

 

ただし更新時に信用情報機関に情報を確認するので債務整理した情報を確認して更新ができなくなる場合もあります。

 

債務整理で自己破産を選択した場合は現状持っているクレジットカードは使用できません。また債務整理後のクレジットカード新規発行に関しても難しくなります。

 

債務整理を行うと信用情報機関にその記録が残ります。

 

日本信用情報機構・CIC・全国銀行個人信用情報センター、これらの機関がそれにあたります。債務整理を行うと約5~10年間は情報が保存されます。

 

機関によって若干の差はありますがほぼこの期間保存されています。

 

クレジットカードを発行する際は、どの金融会社もこれらの機関で申し込んだ人の信用情報を確認することになりますので、債務整理をしているとその記録が保存されている間はかなり難しくなってくるのです。

 

自己破産デメリットの1つとして現代社会でクレジットカードを持てないのはちょっと不便に感じることがあるかもしれませんね。

 

5年ほど辛抱して、信用情報機関へ自分の情報がどうなっているか確認してみて、事故情報が消えていれば申し込みをしてみるとよいと思います。

 

どうしても今すぐ!という場合は、デビッドカードという選択肢もありますよ。